30代に人気の敏感肌化粧水比較@ランキングで人気の化粧品はコレだ

敏感肌はシンプル成分の優しい化粧水で保湿をしましょう

髪が顔にかかったり衣服がこすれてしまうと痒みが湿疹が出てしまう、紫外線や埃などの刺激にも肌が赤くなってしまうなど、過敏な肌質のことを敏感肌と呼んでいます。

 

肌が外的な要因で刺激を受けるとそこから守ろうとするバリア機能が働きますが、その役割を担っている細胞間脂質が少ないことが原因で肌が弱くなってしまうのです。

 

困ったことに化粧品やスキンケア用品も肌トラブルが出て使えないものが多いなど頭を悩ませているかたが少なくありません。

 

敏感肌の多くのかたは後天的な要因で発生していることが多く、生活習慣の乱れなどで悪化させていってしまっています。

 

主に乾燥が原因となっており、角質層を傷付け肌のバリア機能を低下させているのです。

 

紫外線対策を怠っている、スキンケアを過剰に行いすぎている、保湿が不足してしまっている、汚れを落とそうと必死になって洗顔しすぎていることなどが上げられます。

 

その上で睡眠不足や食生活の乱れによって内側から身体のバランスを崩してしまい、どんどん肌の状態を悪くしているのです。

 

敏感肌対策はまず日頃のケアや生活習慣から見直していってください。そのうえで徹底した保湿を行うことが大切です。

 

敏感肌は水分不足の状態にあるため保湿ケアを念入りに行うことが不可欠となります。

 

しかし肌のバランスを崩してしまっているとあまり刺激の強いスキンケア用品を利用しても効果がありません。

 

一度使っているスキンケア用品を確認し、使われている成分を見てみましょう。

 

ぴりぴりしたりツッパリを感じるようなものを使っているのでしたら使用を中止し、敏感肌用の化粧水やクリームに切り替えてください。

 

スキンケアのベースとなる化粧水は特に大切です。アルコールの入っていないもの、無添加無着色のもの、合成保存料、界面活性剤などが使われていない弱酸性のものをおすすめします。

 

注意したいのが、敏感肌のかたが選びがちなオーガニックコスメは天然素材だからと言って刺激が弱いわけではないということです。

 

敏感肌のかたはできるだけ成分がわかりやすく、シンプルな化粧水を利用するようにしてください。保湿力の高いバリア機能を高める効果のあるセラミド入りのものを利用するとしっとりとします。

 

赤みが気になるというかたは消炎作用のあるアロエやカモミールの入ったものを使うといいでしょう。

 

初めて使う化粧水に関しては、必ず腕の内側の柔らかい部分やアゴの下あたりに付けて赤くなったり沁みたりしないか確認してから顔に使うようにしてください。

 

また、コットンは使用せずに手に化粧水をたっぷりと取って、優しくパッティングをする付けかたで浸透させていきましょう。

美容液ご紹介>>敏感肌用美容液ランキング@M子のおすすめ美白ハリに効果大!

 


敏感肌の人はまずは無添加無着色鉱物油フリーの化粧水を。

化粧水を選ぶ場合、普通の人はなんとなくでもかまいませんが、敏感肌の人はちょっと注意が必要です。

 

化粧水の種類によっては肌がヒリヒリとしてしまうだけではなく、赤く炎症したようになってしまうからです。

 

これには様々な原因があり、一言では簡単には言えないのですが・・・アルコールなどの刺激物に反応してしまっている、もしくはアレルギーなどが大きな原因だと思います。

 

一般的にはまったく問題のない成分に反応してしまってそうなってしまっているので、そういった症状が出た場合は自分で何とかするしかありません。

 

最も良いのは化粧水を使わないことですが、保湿などのことを考えたらなかなかそうもいきませんよね。

 

敏感肌の人が化粧水を選ぶ場合は、無香料、無着色、鉱物油フリーのものをまず選ぶようにすると良いです。

 

まずはそれで試してみてなんともなければ次は香料入りのもの、それでもなんともなければ次は着色してあるものなど徐々に成分を足して、自分がどれに反応してしまっているか確かめるのがおすすめです。

 

原因を知ることで今後安心して化粧水、化粧品などを購入出来ますので、ちょっと面倒臭いかも知れませんが一度やっておくことをおすすめします。

 

もしそういったことをやりたくないというのでしたら、自分でオリジナルの化粧水を作るのもおすすめです。


敏感肌に合わない化粧水の見極め方

 

敏感肌の人にとって、相性の悪い化粧水というものはたくさんあります。

 

相性の悪い化粧水を使用し続けても肌の改善を行うことはできませんし、そればかりか肌に更なるダメージを与えかねませんので注意しましょう。

 

大多数の人に効果的な化粧水であったとしても、敏感肌に対しては必ずしもそれが当てはまるとは限りません。

 

肌に合わない化粧水を使用した時には、必ず何らかの異常が肌に現れます。

 

化粧水を使用した直後にいきなり赤みが増したり、湿疹が出来たりするのはアウトです。

 

ひりひり感やむずむず感など、不快な感覚がある時も我慢せず、直ぐに水で肌に刺激を及ぼしているものを取り除くようにしましょう。

 

状況によっては相性の悪さが直後ではなく、じわじわとゆっくり表れてくることもあります。

 

乾燥して肌が粉をふくようになったり、逆にべとべととしだしたり様々な形がありますが、どちらにせよ少しずつ範囲を拡大していく変化にも敏感になるべきです。

 

合わない化粧水でダメージを受けた肌を回復させることができるのは、皮膚科での治療か、あるいは相性のいいスキンケア用品の存在です。

 

刺激を受け続けた肌はいつも以上に過敏な状態にありますから、常よりも更に配慮しつつ、いたわりをもってやさしくケアを行っていきましょう。


敏感肌を解消する化粧水の使い方

 

敏感肌を改善するためには、化粧水の使い方から気を付けてみるとよいです。

 

まず、化粧水を使う時には、コットンで付けるのではなく手で直接使ったほうがお肌に負担がかかりません。

 

肌に付けるときにはコットンの方が肌に対しての吸収率がよくなってくるものの、生地をお肌にこすり付けることにより摩擦を与えることになるのです。

 

手に取って優しく付けるようにすれば、肌に余計な刺激がかかってこないので、敏感肌には優しくなってきます。

 

化粧水を付けた後にお肌に痛みを感じたり違和感が出やすい人は、手で直接付けてみるとよいでしょう。

 

また、化粧水は洗顔後すぐに付けないと効果が半減してしまいます。

 

洗顔した後に、そのままの状態でしばらくいることでお肌の水分が蒸発しやすくなってしまうのです。

 

乾燥肌は敏感肌と密接な関わりがあるので、肌の過敏性を解消したいときには、洗顔後すぐに化粧水を付けるように気を付けてみましょう。

 

洗面台にいつも使っている化粧水を置いておけば、洗顔した後すぐに使用しやすくなり敏感肌を解消しやすくなってきます。

 

化粧水を置く場所に気を付けるだけでも、お肌の状態を劇的に変えることができるので、肌が気になる人は置き場所に気を付けてみるとよいでしょう。


更新履歴